財務ハイライト

※横にスクロールします >>
2012/3 2013/3 2014/3 2015/3 2016/3
売上高 (百万円) 29,553 27,663 26,024 24,494 23,813
営業利益 (百万円) 1,352 705 △531 △566 △918
経常利益 (百万円) 1,691 1,075 △48 136 △549
当期純利益 (百万円) 373 361 △1,817 88 91
1株当たり当期純利益 (円) 10.85 10.65 △53.55 2.62 2.72
1株当たり純資産(円) 700.10 740.41 669.06 702.36 640.18
事業別売上高 (百万円)
衣料事業 24,893 23,048 21,941 20,297 19,615
不動産賃貸事業 4,919 4,817 4,284 4,402 4,395
連結調整 △258 △201 △201 △206 △197
合計 29,553 27,663 26,024 24,494 23,813

売上高

(百万円)

売上高

営業利益

(百万円)

営業利益

経常利益

(百万円)

経常利益

当期純利益

(百万円)

当期純利益

1株当たり当期純利益

(円)

1株当たり当期純利益

1株当たり純資産

(円)

1株当たり純資産

事業別の営業概況(連結)

2016年3月期

衣料事業

OEM(取引先ブランド製造卸)の受注・販売は、新規取引はありましたが、取引形態の見直しとともに利益率・資金効率の低い事業の縮小・改善を進めたことで売上高は前年同期比で減少いたしました。
株式会社ニューヨーカーを中心とする小売販売は、日本国内において婦人服の販売が低調だったことや暖冬による冬物衣料の販売苦戦などにより、売上高は前年同期比で減少いたしました。オーダースーツの受注販売は、ウィメンズの取扱い店舗を増やし、売上高は前年同期比で増加いたしました。

不動産賃貸事業

小田原の商業施設「ダイナシティ」や本社ビルのテナント入居は安定的に推移し、売上高はほぼ前年と同額となりました。
「ダイナシティ」は、地域を牽引するライフスタイル発信拠点を目指し、西武小田原店と専門店で構成されるウエスト館のリニューアルを開始いたしました。

財政状態(連結)

2016年3月期

資産合計

受取手形及び売掛金・たな卸資産の減少、減価償却等による有形固定資産の減少、投資有価証券の時価評価の影響などにより、資産合計は前期末比40億23百万円減少し423億60百万円となりました。

負債合計

未払法人税等の減少、長期預り保証金の減少などにより、負債合計は前期末比19億67百万円減少し206億45百万円となりました。

純資産合計

保有する有価証券の評価の影響などから、純資産合計は前期末比20億56百万円減少し217億15百万円、自己資本比率は50.8%(前期末は50.9%)となりました。

ページの先頭へ